原発・核関連地図

2015年07月13日

フォートカルフーン原発


 【最新情報】
 2012年3月時点でも再稼動できていない。

 【注目】
 いま全米でもっとも危険な原発。ミズーリ川の洪水で水没寸前。原発自体は燃料交換のため停止中だった。
 6月 7日 制御室火災で1時間半電源喪失、核燃料プールの冷却機能を一時喪失。
 6月26日 応急堤防が決壊して半日電源喪失。

 【日本との関係】
 2003年 三菱重工が加圧器と原子炉容器上蓋のリプレースを受注、2006年納入、加圧器交換は世界初。

 【概要】
 加圧水型1基48.4万kw(全米最小)。米ネブラスカ州オマハ北方32キロ、フォートカルフーン(Fort Calhoun)にありオマハ電力所有。
 1973年運転開始、2013年運転終了の予定だったが2006年大改修して60年運転に入り2033年まで運転予定。
人気ブログランキングへ
posted by 山川星矢 at 03:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ西部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月01日

六ヶ所再処理工場

[ここに地図が表示されます]

 【最新情報】
 2011年6月 9日 保安院は外部電源が多重化されていないことを発表。
 2012年1月24日 2008年12月以来中断していた「ガラス固化試験」を再開。
 2012年2月 3日 ガラス固化試験、トラブルで3月上旬以降に延期。
 2012年6月18日 ガラス固化試験、3年半ぶりに再開。
 2014年7月31日 20回目の1年延期。

 【東日本大震災の影響】
 試験運転停止

 【注目】
 弥栄平地区にあり現在試運転中で本格稼働時期は未定。
 建設費用は7600億円の予定が2兆1930億円にふくらんでいる。
 直下に活断層。
 運転中は大量の放射性物質を海中及び空気中に放出する。

 【概説】
六ヶ所再処理工場

 【リンク】
六ヶ所村核燃料再処理事業反対運動 >六ヶ所村ラプソディー予告編

 【書籍】
「最悪」の核施設 六ヶ所再処理工場 / 小出 裕章, 渡辺 満久, 明石昇二郎


人気ブログランキングへ
posted by 山川星矢 at 23:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 六ヶ所村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エンリコ・フェルミ原発


【概要】
 ミシガン州デトロイト近郊、五大湖のひとつエリー湖畔にあるDTEエナジーの原子力発電サイト。
 1号炉(高速増殖炉試験炉、廃炉)
  1966年10月5日メルトダウン(世界初)
 2号炉(沸騰水型、マーク1)
 3号炉(単純化沸騰水型原子炉、計画中)
  GE日立ニュークリア・エナジーのESBWR、155万MW。
人気ブログランキングへ
posted by 山川星矢 at 22:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。