原発・核関連地図=> 浜通り=>福島原発警戒区域

2014年05月26日

福島原発警戒区域


 【最新情報】
 2013年5月28日双葉町最後の指定解除。
 2013年8月 8日川俣町に居住制限区域設定し再編終了。

 指定区域を3つに再編
  1)帰還困難区域:50mSv/年以上、5年以上生活不能、政府による土地借上等。
     南相馬市、飯舘村、大熊町、葛尾村、富岡町、浪江町、双葉町。
  2)居住制限区域:20mSv/年〜50mSv、除染で20mSv/h以下になったら帰宅検討。
     南相馬市、飯舘村、川内村、大熊町、葛尾村、富岡町、浪江町、双葉町、川俣町。
  3)解除準備区域:20mSv/年以下、立ち入り禁止解除。

 【対象自治体】
 全域 双葉町、大熊町、富岡町
 一部、浪江町、楢葉町、葛尾村、川内村、田村市、南相馬市

 【概要】
 2011年4月22日より福島第一原発20km圏内に発令。
 罰則付きで区域内への立ち入りが制限・禁止され、許可なく区域内にとどまる者には退去が強制される。

 【地図】
 区域指定状況(2013年4月2日以降)


【浜通りの最新記事】
人気ブログランキングへ
posted by 山川星矢 at 01:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | 浜通り | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
計算してみた。
50mSV/年=5.71μSV/h
20mSV/年=2.28μSV/h
当家線量計は2個ともμSV/hが基本。
ベクレル機能は付属。

基準緩すぎ。0.4μSV/hで危険域に達する。
お話にならない。
線量計の動作は安全域と危険域で桁違いになる。
Posted by SKK at 2013年04月25日 00:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/209640810
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。