原発・核関連地図=> アメリカ東部=>ボーグル原発(2基)

2014年05月09日

ボーグル原発(2基)


大きな地図で見る
 【最新情報】
 2011年4月20日 自動停止(ブレーカー故障との発表)。
 2012年2月10日 建設認可。NRC委員長は反対。
 2012年2月16日 環境保護団体など9団体が認可差し止めを求めて提訴。
 2013年3月12日 3号炉建設開始。

 【概要】
 スリーマイル島原発事故後新規建設が止まっていたアメリカで34年ぶり建設認可。
 米国ジュージア州ウェインズバロ近郊ボーグル(Vogtle)にある原子力発電所。加圧水型軽水炉2基。電力大手サザンカンパニーによる2基増設計画あり。東芝傘下ウェスチングハウス(WH)による米国改良型加圧水型軽水炉(AP1000)2基。2016年と2017年に稼働を予定している。
 AP1000は中国三門原発についで2基目、アメリカでは初。 
 2010年2月16日オバマ米大統領が30年振りの原発新設のための政府保証約80億ドル(約7200億円)を発表するもその後難航している。

 【動画】
 世界からみた福島原発事故

 【書籍】
 スリーマイルアイランド―手に汗握る迫真の人間ドラマ / J.サミュエル ウォーカー


人気ブログランキングへ
posted by 山川星矢 at 01:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | アメリカ東部 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/203133510
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。