原発・核関連地図=> アジア=>台湾第4原発(建設中)

2015年04月20日

台湾第4原発(建設中)


 【最新情報】
 2014年4月27日 馬英九政権、住民投票で賛同が得られるまで1、2号機とも建設を凍結と発表。
 既存3原発6基は運転期間を延長せず18〜25年で順次廃炉。
 
 【東京電力福島原発災害の影響】
 1,2号炉の運転予定2012年末を延期。
 3,4号炉入札を白紙に。

 【概要】
 新北市貢寮区塩寮に建設中の台湾4番目の原発(核四、龍門発電所)、沸騰水型軽水炉2基建設中さらに2基計画中。元請けはGEだが建設は日本。原子炉は1号炉は日立、2号炉は東芝、蒸気タービンは三菱。
 1981年計画決定以来激しい反対運動が続いて民進党政権時代には一旦白紙になったが国民党政権で完全復活。

 【書籍】
台湾への原発輸出 (風媒社ブックレット) [単行本] / 伊藤 孝司 (著); 風媒社 (刊)


人気ブログランキングへ
posted by 山川星矢 at 21:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | アジア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック